沖永良部に一泊二日 女子一人旅 おすすめのアクティビティ・ケイビングとおすすめの観光地編

PR

ちょっくら休みをもらったので、沖永良部島に行ってきました。

徳之島から沖永良部までフェリーが出ていて4時間で行けちゃいます。

f:id:activegirlmax0:20190220192148j:plain

亀徳港からいざ!!

f:id:activegirlmax0:20190220192209j:plain

沖永良部島に到着してホテルの送迎バスを探したのですが、見当たらない!!

f:id:activegirlmax0:20190220192227j:plain

いくら探しても見当たらないので、ホテルに連絡してみると、手違いでバスが来ていないとのこと。

タクシーだと5000円くらいかかるらしいので、送迎バスを待つこと30分・・・。

沖永良部の港 和泊港

港の海もとても綺麗でした。

f:id:activegirlmax0:20190220192122j:plain
f:id:activegirlmax0:20190220192128j:plain


ホテルの部屋に要らないものを置いて、ホテルの駐車場に置いておいてもらったレンタカーに乗り込んでいざ観光に出発♪

まずはランチにありつくことにしました。

 「ファミリア」というレストランです。

たっぷりのサラダに

f:id:activegirlmax0:20190219153803j:plain

なみなみの味噌汁とお茶碗一杯の白ご飯

f:id:activegirlmax0:20190219153859j:plain

二つ分のメンチカツ。

f:id:activegirlmax0:20190219153904j:plain
味は最高なのですが、量が半端なく多い・・・。残してしまいました・・・

現在はファミリアは閉業しています 

そして腹ごしらえが終わった後は、

最初の観光は、ズバリ

洞窟探検 ケイビング

むがむが」さんにお願いして

洞窟探検に連れて行ってもらいました。

f:id:activegirlmax0:20190219154020j:plain

こんな服で、中にはウェットスーツを着ています。

f:id:activegirlmax0:20190219154124j:plain

沖永良部島は、島の地盤となる硬い石の上にサンゴの死骸である石灰岩が乗っかってできている島で、地盤が柔らかいところが多いです。

柔らかいと水に削られて洞窟になりやすいのと石灰岩は鍾乳石の元になる成分が含まれているので、鍾乳石が多い洞窟ができやすいです。

それに沖永良部島は一度海の中に沈んだことがあり、ハブが住んでいないので、草むらや真っ暗なところでも噛まれる心配がないので、自然の中で遊ぶには最適です。

と言うことで

沖永良部の半分くらいに洞窟があるのですが、ケイビングするには難易度の高い洞窟も多い。

そんな中でも初心者向けですが、見所の多い洞窟「リムストーンケイブ」に行ってみました。

f:id:activegirlmax0:20190219160438j:plain

ふつうに歩いている分には楽しいのですが、水に浸かると結構寒い!

f:id:activegirlmax0:20190219160446j:plain

全身水に浸からないといけない部分があるので、なかなかに凍えます… すぐ慣れますけどねw

f:id:activegirlmax0:20190219160525j:plain

洞窟を奥深くまで探検すると、一番の名物スポットにたどり着きます!

下の写真の場所が一番の見所のリムストーン!!

棚田のような鍾乳石です。

ライトアップするととても神秘的な世界になります。

f:id:activegirlmax0:20190219160541j:plain
https://www.instagram.com/p/BtSSzh4B1Er/

ケイビング体験申し込みはこちらから!

https://www.mugamuga.com/okinoerabu/caving.html


夕日とクジラのブリーチ 

ケイビングが終わって夕日を見に行こうと屋子母海岸で黄昏ていると、クジラの親子を発見!!なんとブリーチ(クジラのジャンプ)を見ることができました⭐︎

In Okinoerabu Island Whale Watching

そして、ホテルに 戻って化粧を直して、いざ飲み屋に!!

沖永良部の居酒屋 はしご酒

はしご酒した居酒屋のは、別の記事にしてみます(準備中)。いろんなお店をはしごしていろんな焼酎と沖永良部の名物を楽しみました。

居酒屋からホテルまでの帰り道は、星が綺麗だったので、急遽星空撮影会開始。

光っているのが、私が宿泊していたホテル「フローラルホテル」です。島一番のホテルだけあって綺麗で大きかったです。送迎は忘れるけど・・・

f:id:activegirlmax0:20190220200425j:plain



次の日は、いろんな観光地を巡ってみました。

沖永良部の観光地①日本一のガジュマル「国頭小学校のガジュマル」

沖永良部の観光地②フーチャ

岩の隙間から波が吹き出す観光名所です。

満潮の時間を選ばないとダメなようです。もともと同じような場所がいくつかあったようなのですが、吹き出した潮をかぶることで塩害がひどく、ここ以外のフーチャは潰してしまったそうです。

f:id:activegirlmax0:20190220161737j:plain

沖永良部の観光地③沖泊海浜公園

とても綺麗なビーチでした。それにプライベートビーチ!自撮りに勤しんでおりましたw

f:id:activegirlmax0:20190220161813j:plain

沖永良部の観光地④田皆岬

下に広がる海の透明度は半端ない!!!

沖永良部島の田皆岬。どんだけの透明度やねん!!ってくらいの透明度。自然てすごい。地球て素晴らしいって感動する。ゲーム一日中するより自然の中で日の出てる時間遊ぶってことがどれだけ贅沢かっていうのを感じる。#canon5dmarkiv #ファインダー越しの私の世界 #nationalgeographic #沖永良部島 #沖永良部 #海 #うみんちゅ #青 #blue #sea #離島 #離島生活 #離島カメラマン #離島カメラ部 #たびじょ

沖永良部の観光地⑤鍾乳洞 昇竜洞

時間が余ったので、ガイドなしでも入れる洞窟にも行ってみました。

昇竜洞は鹿児島県天然記念物に指定されている鍾乳洞で、全長3,500mのうち600mが一般に公開され、鍾乳石の発達が素晴らしく特にフローストーンは全国最大級となっています。

電話番号:0997-93-4536

住所:〒891-9223 鹿児島県大島郡知名町大字住吉1520

営業時間:9:00-17:00 (最終入洞16:30)

定休日:毎週火曜日及び荒天時(雨水が洞窟内に入り込むため)

料金:大人・高校生1,100円/小・中学生550円/4~5歳220

そしてホテルに戻って送迎バスを待ったのですが、送ってもらって港に着いたのが出航の2時間前・・・。

ちっこい港で2時間も何しとけいうねん!!!チケットが買えるのも30分前からとかからやし・・・

ホテルにキレまくりの沖永良部島でしたw

そんな沖永良部島でのドライブや洞窟探検の様子を動画にまとめてみたので、ぜひご覧ください!チャンネル登録もよろしくお願いします♫

PR