小笠原で登山③天狗鼻展望台&連珠谷展望台

PR

天狗鼻展望台と連珠谷展望台へは、ホテルホライズンの脇のトンネルから入っていくか夜明け山、納涼山から入っていけます。夜明け山の入り口はかなりわかりにくいので、ホテルホライズンの脇から入るか、納涼山から入っていくのがおすすめです。納涼山から入った方が、ガジュマルジャングルや展望台は近いです。

ホテルホライズンの脇のトンネルから入るコースで紹介していきます。このトンネルもなかなか雰囲気があります。右側の金属の箱を開けるとトンネルのライトを点けることができます。

トンネルを抜けて少し歩くと二手に分かれているのですが、ここは左手に歩いていくのが正解のコースです。

軍用隊道跡

戦時中、兵隊さん達が通るトンネルとして整備された隊道がホラー映画の「犬鳴村」のようでかなりオカルトチックです。ハシゴを登ってみると、水が張っていて、通ることができないことがわかります。ライトで照らしてみても奥まで届かず、どこにどう繋がっているのか…。その水に光が反射しているのが神秘的でもあり、怖くもあり…。夜に行くのはおすすめできないスポットです。

連珠谷ダム

小笠原に3つあるダムのうちの一つがここです。連珠谷ダムの下の橋を渡って先に進みます。

最初に分かれ道で左手に行ってきましたが、下の看板のところで右の「扇浦海岸」の方へ歩くと、右手の道に出ます。

天狗鼻展望台

扇浦の海から町まで見渡せる絶景スポットです。「天狗鼻展望台」と書かれている可愛い看板の通りに階段を数段上り、右へ。細い岩を登っていく必要があります。行きは良い良い、帰りは怖い。下りは張ってあるロープを使わないと、落ち葉で結構足が滑ります。わたしも足を滑らせてロープを掴んでいなければ頭がかち割れるところでした。

超広角レンズで撮りたいガジュマルジャングル

先のルートへは、天狗鼻展望台の数段の階段を降りて右へ。何かの設備の建物を回り込んだところにまたルートの看板があります。少し歩いていくと、立派なガジュマルがジャングルのように生えていました。ここは超広角レンズで撮るとかなり映えます!!

蓮珠谷展望台

初めは連珠谷展望台に行ってみたかったのですが、実際に行ってみると、完全に天狗鼻展望台の劣化版でした。行かなくてもいいですが、ガジュマルを超えて数分で行けるのでどんなものか覗いてみてもいいかも。展望できる場所の足場は岩場で、かなり悪いです。

貞頼神社の納涼山

扇浦海岸の公園の横にある貞頼神社の上にある納涼山へ抜けることができます。納涼山の頂上からの景色もいいです。ここでお昼ご飯を食べたりするのもおすすめ!リュウゼツランがたくさん生えています。ここまで来たらあとはもう数分で貞頼神社に降りて、扇浦まで降りることができます。

夏祭りの時期には、色とりどりのチョウチンが飾られ、デートスポットにおすすめ!

納涼山への分かれ道のところに、「桑の木山」へのルートを示す看板もあり、夜明山にある桑の木山まで抜けることができますが、そこまでいくと帰りが大変なのであまりおすすめできませんが、歩きたくって仕方ない人はぜひ!!

ところどころ道が細くなっているところもあるので、歩きやすい靴でいった方がいいです。

PR