マレーシアの誇るグルメの島「ペナン島」

PR

マレー半島北部の西海岸に浮かぶペナン島は、世界遺産の街ジョージタウンや長閑なビーチがいくつもある人気のリゾートです。 またペナン島はマレーシアの中でも特に「グルメの街」として有名で、色々な美味しいローカル料理を堪能できます。さらにトレッキングができるジャングルもあり、海も山も史跡もグルメも楽しめる最強スポットです!

https://www.instagram.com/p/CZd8qZ9vh4_/

ペナン島へのアクセス

ペナン島へは、マレーシアの首都であるクアラルンプールから飛行機、長距離バス、電車の三つの交通手段があります。また、マレーシア最大の観光島であるランカウイ島からも飛行機、フェリーで行く方法があり、アイランドホッピングも可能です。

クアラルンプール⇨ペナン島

https://aoitrip.jp/penang-access

ランカウイ島⇨ペナン島

ペナン島のおすすめの観光スポット

①多様なカルチャーを感じられるペナンの街並み「ジョージタウン」

ペナン島に来たら、ジョージタウンは外せません!古くからマラッカ海峡の貿易拠点として栄えたペナンの歴史を垣間見ることができます。マレー系、中国系、インド系など多民族による多様なカルチャーを感じられる街並みが魅力です。

https://www.instagram.com/p/CUUjYgZFywS/

中でも、「アルメニアンストリート」はウォールアートが至る所に描かれており、ジョージタウンのなかでも、おしゃれな古民家カフェや雑貨屋さんがあることで知られ、人気急上昇中のおしゃれスポットです。大通りとは異なり交通量が少なく、アートギャラリーやカフェもゆっくりたのしんで回ることができます。

https://www.instagram.com/p/B5QD4VZAzfC/

プラナカンの豪邸を改装してホテルやレストランとして営業している建物やウォールアートなど、フォトジェニックなスポットが町の至るところにあります。

https://www.instagram.com/p/BvaNnG8hVhP/
②世界文化遺産に登録されたペナンの水上家屋「クラン・ジェッティー」
https://www.instagram.com/p/BgQWlrNlGUX/

2008年に世界文化遺産登録をしたクラン・ジェッティーにある伝統的な水上家屋群は人気の観光スポットになっています。お土産屋さんやカフェ、ジュースバーもある周一族の橋。建物が美しく写真映えする李一族の橋など、エリアによって特色があり、歩いているだけで異世界に来たような気分に!
今もここで暮らす人々がたくさんいます。生活の邪魔をしないよう、明るくにぎわう昼間の時間の訪問がおすすめです。

③ペナンに残るリトルインディア「マハ・マリアマン寺院」

古くから「文明の十字路」として様々な国の文化が行き交ってきたペナン島。ジョージタウンは中華系のイメージがありますが、インド系の文化が残る「リトル・インディア」の地域もあります。1883年に建設された「マハ・マリアマン寺院」は、ジョージタウン最古のヒンドゥー教寺院で、毎年1月~2月頃に行われる奇祭「タイプーサム」(強い神のご加護を受けて悪運を払拭するための祭り。
本家インドでは行われず、シンガポール、マレーシアなどで行われている。これは病気や悩みなどがある人に変わり、主に男性が花やクジャクの羽などで飾られた大きくて重い金属の装飾(カバディ)につながった槍を、体、舌、頬にたくさん突き刺し練り歩く。参加信者は祭り数日前には 禁欲し身を清め1ヶ月前から肉を断ち ベジタリアンになる
)の起点としても有名です。

この寺院の一番の見所はゴプラム(塔門)です。高さ22.9mの門には228体のヒンドゥー教の神々や従者が彫刻されており、圧巻です。

近くを散策していると、インドの流行曲やヒンドゥー教の音楽が流れてきて、まるでインドにいるような気分に。建ち並ぶショップでは、色鮮やかなサリーや布、ブレスレットやイヤリングなどが売られています。

住所:163 Jalan Tun H S Lee, City Centre, 50000, Kuala Lumpur
開館時間:6:00~20:30(金〜20:30/土~21:30)
お祈り:7:30、12:15、17:30の1日3回
料金:20セント(靴を預けるさいに支払う)

④ペナンにある東南アジア最大級の仏教寺院「極楽寺(Kek Lok Si Temple)」
https://www.instagram.com/p/CQFv1HKhTLl/

「極楽寺」と書いて「ケッロクシ」と読むこのお寺は、東南アジアでも最大級の仏教寺院で、 完成まで20年もかかりました。観音像は37mもあり、7階建て30mの美しいパゴダ(仏塔)から見下ろすペナン島の風景は、まさに絶景です。
短冊などを購入してお願いごとをすることもできます。旅の記念に、ぜひ書いてみて。

④ペナンの街並みを一望する「ペナンヒル」
https://www.instagram.com/p/CTJCbh1F6U8/

ペナン島の中心部にある標高約830mの小高い丘「ペナンヒル」からは、ジョージタウンやマレー半島を一望できます。頂上にはヒンドゥー寺院やイスラム教のモスクがあり、多民族・多文化の国マレーシアを体感できます。納涼スポットとしても人気です。昼間はもちろん、夜景と日の出も最高にキレイです。

⑤ペナン島で最もメジャーなビーチ「バトゥ・フェリンギ ビーチ(Batu Ferringhi)」

「バトゥ・フェリンギ」では、ウィンドサーフィン、バナナボート、ジェットスキーと、海でのアクティビティが盛りだくさんに楽しめます。美しいビーチや夕焼けを空から堪能できるパラセイリングは特におすすめです。

ビーチの側では屋外バザールやナイトマーケットが開かれ、その雰囲気はまるでお祭りのようです。

⑥ペナン人の朝市「チョウラスタ・マーケット」

野菜・果物・衣類・おもちゃなどなんでも売っている「チョウラスタ・マーケット」は、ペナンの人々にとって欠かせない市場です。朝市が始まるのは朝の7時からで、日本では見たこともない珍しい果物や野菜がたくさん並べられているのは興味深いです。おかゆ屋さんなど朝ごはんのお店を探すのも良いですね。

⑦ペナンの多彩な屋台料理が堪能できる「ガーニー・ドライブ・ホーカー・センター」
https://www.instagram.com/p/Bip_1E2Bq_4/

「ホーカーセンター」とは「屋台街」のことで、「ガーニー・ドライブ・ホーカー・センター」では中華系やマレー系、海鮮、イスラム料理など多彩な屋台料理を堪能できます。

ペナンで最大規模の屋台街で、各国からの旅行者が集まっていてとってもにぎやか! 名物のラクサ、チャー・クィ・ティオ(麺料理)、ムーチー(ピーナッツごま餅)など食べきれないほどの種類の料理があります。食いしんぼうなら必ず行きたいグルメパラダイスです!

ペナンで食べてみたい絶品ローカルフード

ペナンのローカルフード①「アッサムラクサ」

ペナン島の名物料理「アッサム・ラクサ」は、世界美食ランキング7位に選ばれた酸っぱくて辛い魚介スープでやみつき必至の麺料理です。

マレーシアやシンガポールで「ラクサ」といえば、ココナッツ風味のカレー麺を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ペナン島の「アッサム・ラクサ」は、カレー味ではなく、シーフードでダシを取った辛くて甘酸っぱい麺料理です。
鯖(サバ)や鰺を茹でた後、フレーク状にした魚肉と発酵させた小エビでダシを取った潮汁に、マイルドながら強烈な酸味を伴うタマリンド(Tamarind)の絞り汁とたっぷりのチリを投入した、辛くて酸っぱいスープがペナン・アッサム・ラクサのベースとなります。

ペナンのローカルフード②ホッケンミー

クアラルンプールのホッケンミーといえば黒ソースの炒め麺なのですが、ペナンのホッケンミーは、海老のダシがたっぷりきいたスープ麺です! クアラルンプールでプロウンミーと呼ばれている料理が、ペナンのホッケンミーになります。麺はビーフンとイエローミーのミックスで、海老の殻で丁寧に取ったダシは、うまみたっぷりなのにさっぱり♪海老のだしがたっぷりきいたスープ麺!ちなみにホッケンとは、漢字で書くと福建です。

ペナンのローカルフード③ロジャック

キュウリやリンゴ、マンゴーにパイナップルなどを、海老がベースの甘辛いタレで食べるフルーツサラダです。デザートと料理の中間のような存在は、口直しにピッタリ!ちなみにロジャックには中華風とインド風があります。インドスタイルは揚げ物が中心で、ピーナッツソースをかけて食べます。

PR