海に来たら肌を焼きたい!!徹底比較!!おすすめのサンオイル11選

PR

サンオイルは、日焼けによって肌が赤く炎症するような火傷などの肌へのダメージを防ぎながら、肌を焼けます。

https://www.instagram.com/p/BlRXXzMAJQF/

サンオイルの選び方の4つのポイント

 ①SPFとPAは、理想の焼き具合&肌の状態に合わせて

SPFとは、紫外線B波(UV-B)の防止効果を示す数値のこと。数値が高くなるほど、赤くなる日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間が長くなります。

サンオイルのSPF値はSPF0~4があり、理想の焼き具合と肌の状態に応じて選びます。

  • SPF0~1:肌がすでに黒く、さらにしっかり焼きたいとき

地黒の人やすでに日焼けをしている人がさらにこんがり焼きたいときには、SPF0~1のサンオイルがおすすめです。

SPF1は紫外線防止効果が非常に弱く、SPF0に至ってはほとんどありません。下地ができていない(肌が黒くない)ままこのSPF値のサンオイルを使うのは、紫外線防止効果が弱すぎて肌の負担になるため控えましょう。

SPF0では塗っても効果がないのでは?と思ってしまいがちですが、紫外線は日焼けだけでなく肌の乾燥も招きます。オイルで肌が保湿されるので、素肌のまま日焼けするよりも確実に肌のためになります。

しかし、紫外線による肌への負担は大きいので、すでに日焼けしているからと言って長時間日光浴をしたりするのは避けておきましょう。

  • SPF2~4:敏感肌の方や初心者の方に

肌が敏感な方や乾燥しやすい方、日焼けをまだあまりしていない方には、SPF2~4のサンオイルがおすすめです。

SPF値が低いものほど肌への負担が増えるため、最終的にこんがり焼きたい方もまずはこれくらいの数値から手を付けましょう。肌が焼けてきたら、徐々にSPF値を低くしていきます。

さらに肌負担を抑えるなら「PA」にも注目

肌への負担をさらに抑えたいなら、「PA」表記のあるサンオイルを選びましょう。PAは、肌を黒くしたり、「しわ」や「たるみ」の原因になるとも言われる紫外線A波(UV-A)を防ぐための指標で、+の数が多いほど、その効果が期待できます。

サンオイルは一般的にPA表記のないものが多い傾向にありますが、PA+程度であれば見つけやすいでしょう。紫外線による肌負担を極力抑えたいという方は、SPF値だけでなくPA表記にも注目してみてくださいね。

②使用シーンや肌に合わせたタイプを選ぶ

https://www.instagram.com/p/BJyxppZgYuD/

サンオイルをはじめとするサンタン製品には、オイル以外にもいくつかのタイプ・形状が存在します。それぞれ特徴が異なりますので、使用する場面や肌の状態によって選びましょう。

  • 水に強くスタンダードなオイルタイプ

「サンオイル」という単語で広く普及していることからもわかる通り、サンタン製品の中で最も一般的なのがオイルタイプ。肌に油膜を張るため、総じて水に強いものが多いのが特徴です。べたつきが苦手な方はさらっとしたオイルを選ぶと良いでしょう。

  • 背中などに便利なミスト・スプレータイプ

広範囲に塗布できるミストやスプレータイプは、手が届きにくい背中などに便利です。ただしムラになりやすいので、吹き付けた後は可能な限り手でなじませるようにしましょう。

  • 伸びが良くみずみずしいジェルタイプ

ジェルタイプは、伸びの良さと軽くみずみずしい使用感が特徴です。ただし水分を多く含んでいる分、塗ってから乾くまでやや時間がかかるという一面も。ビーチなどでは塗布直後に砂がついてしまう恐れもあるので、海よりはプールサイドなどでの使用に向いていると言えます。

  • 乾燥肌にうれしい乳液・クリームタイプ

発売されている数は少ないですが、乳液タイプやクリームタイプのサンケア製品もあります。どちらもエモリエント成分などの美容成分を配合しやすいのが特徴。しっとりと肌を包み込んでくれるので、肌が乾燥しやすい方におすすめです。耐水性が不安な方は、オイルインタイプを選ぶと良いでしょう。

③汗や水に強いウォータープルーフ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンオイルをどんなにしっかり塗っていても、汗や水などで流れてしまえばムラになります。落ちにくさ重視ならオイル一択です。その他タイプの場合はウォータープルーフ表記のあるものを選ぶか、日サロでの使用をお勧めします。

海やプールでの使用を考えている方はもちろん、気温や湿度の高いところで使おうとしている方、汗をかきやすい方には欠かせないチェックポイントです!


④好みの香りで選ぶのも大切!苦手なら無香料を

サンオイルは基本的に全身に塗るものなので、好みの香りを選ぶのも大切です。

ココナッツ系をはじめとして、バニラやバナナ、マンゴーなどの甘い香りが多いサンオイルは、リゾート気分を一気に高めてくれるはず!一方で強い香りが苦手な方は、無香料タイプや微香タイプを選びましょう。

次のページで「日焼けオイルの人気おすすめ11選!効果最強はどれ?」を紹介します

PR