スキンダイビングを始めよう〜潜り方と耳抜きのコツとマスターしたらやってみたいこと〜

PR

スキンダイビングのおすすめ装備

スキンダイビングは、基本的にはシュノーケリング、フィン、マスクの3点セットのみでできます。どうせスキンダイビングをするなら、その3点セットにこだわってしてほしい。他にもスキンダイビングをしていくにあたって、3点セット以外のおすすめの装備もご紹介します。

フィン

フィンは、腰から足のつま先にかけてしなやかに動かすイメージで、キックは振れ幅を小さく保つことがコツです。

  • リーダーフィン

とてもフォトジェニックで、離島のインスタ女子界をにぎわせているアイテムです。こちらから購入できます。

  • ロングフィン

とても長いフィンで、脚力が必要ですが、使いこなすことが出来ればとても早く泳ぐことができます。イルカやクジラと少しでも長く泳ぐために持っておきたいアイテムです。

https://www.instagram.com/p/B32_y4plvb1/

ウェットスーツ

 ホエールスイムは、冬がシーズンです。寒い季節なので、水着やラッシュガードだけではとても泳ぐことはできません。かわいいイルカやクジラに会うためには必要なアイテムです。注意したいのが、寒さに対策するあまり、スキューバダイビングで使用されるドライスーツでトライする人もいるのですが、ドライスーツは浮力が高いため、思ったように潜れません。ぐっと我慢して5~8mmかセミドライスーツまでにしておきましょう。

このプロテウスは、身体にピッタリフィットして、見た目がスタイリッシュなだけでなく、身体を反っても違和感がないくらいスムーズに動くことができます。おすすめのウェットスーツです。

ウェットスーツ 5mm プロテウス2 for Lady フルスーツ ウエットスーツ
価格:59,939円

ボートコート

潜っている間は、感動と必死さであまり寒さは感じません。水から上がってからが極寒です。ボートコートは体の保温のために本当に必要です。

ホエールスイムなどは、クジラの動きに合わせて何度も海に潜って、上がってを繰り返してトライすることがほとんどですので、寒いと次のアタックに行く気がなくなってしまいます。折角の機会を不意にしてしまってはもったいないので、ぜひ暖かいボートコートを用意しておきましょう。

ウェットスーツの生地で作られているボートコートがおすすめです。

ウェットスーツ ボートコート メンズ / レディース ス ウエットスーツ スキン ジャケット AROPEC アウトドア コート ダイビング サーフィン ヨット 釣り SUP スノーボード価格:9,897円

ウエイト

 ウェットスーツを着ると、浮力が出るので、思ったように潜ることができません。スキューバダイビングと違って重たい装備を背負わないので、ウエイトの量に困りますが、そこはガイドさんと相談して決めましょう。

ウエイトベルトは、ゴム製だと滑りにくくておすすめです。

SCUBAPRO(スキューバプロ) SLIDE POCKET WEIGHT BELT (スライド ポケット ウェイト ベルト) Mサイズ 23.081.300 23 081 300 ・ダイビング・メーカー在庫確認します価格:5,390円

次のページでは「スキンダイビングの方法をマスターしたらやりたい6つのこと」を紹介!

PR