OLYMPAS(オリンパス) TG で水中を撮る!おすすめのアクセサリー

PR

ダイバーのカメラとしてベストセラーになっているのが、OLYMPAS(オリンパス)のTGシリーズ。今はTG4、5、6が発売されていて、2020年現在ではTG6が最新となっています。水中で使うデジタルカメラとしてコスパがよく、ダイバーのカメラといえば、TGシリーズです!

TGシリーズの強み

水中で使えるデジタルカメラとしては、RICOHや富士フィルム、ニコンなどが出していますが、TGシリーズは断然の高性能を発揮します。

防水ハウジング装着で、水深45mまで使用可能で、5つの水中モードや3つの水中ホワイトバランスで、被写体や環境に合わせて撮影できます。また、顕微鏡モードが、ウミウシなどの小さな被写体を印象的に写し出してくれるのも人気です。

RAW撮影・4K動画撮影・Wi-fi等の機能もすべて搭載しており、本格派ダイバーも満足できる仕上がりに!!

TG6では、従来の顕微鏡モードに加え、水中顕微鏡モードが追加され、ウミウシなどの小さい生き物がより鮮明にシャープに撮影できるようになりました。

TGシリーズおすすめのアクセサリー

OLYMPAS(オリンパス)の最高傑作・TGシリーズのカメラにぴったりのアクセサリーを紹介します。

おすすめアクセサリー①ハウジング

TG本体は水深15mまでしか対応していないので、ダイビングで使うなら、ハウジングは欠かせません。中に乾燥剤を入れておくと、曇りにくくなります。

          【送料無料】OLYMPUS・オリンパス TG-6用防水プロテクター ハウジング PT-059【***特別価格***】価格:32,660円

おすすめアクセサリー②ストロボ

水中は、光が届きにくく、写真が全体的に暗くなってしまうことが多いです。近い被写体であればライトでも明るく撮ることができるのですが、遠い場所にいる被写体やワイド撮影(ワイドレンズを付けると、レンズが内蔵ストロボを遮ってしまいます)のときには、ストロボがあるととても綺麗に撮影できます。

下の写真の左がストロボ有り、右がストロボ無し、です。全然色味が違いますね!!

ストロボを選び方としては、光量が最も重要です。おすすめのストロボのメーカーとしては、INON(イノン)SEA&SEA(シーアンドシー)の2社が人気です。

https://oceana.ne.jp/camera/55390
【INON(イノン)】S-2000
ダイビング ライト ストロボ [ INON ] イノン S-2000 水中ストロボ [mic-point]価格:37,617円

S-2000は、世界最小・最強のストロボを謳っており、超小型サイズにも関わらず、光量(ガイドナンバー)は20で、上位機種のD-2000と同じなので明るさで劣ることはありません。ただ、照射範囲が少し狭くなっています。

連射性能であるリサイクルタイム(一度発光してから次の発光準備までにかかる時間)も短く、キビキビとした動作が魅力です。

小型軽量なので、長いアームを用いて左右に2灯を使用するときでもバランスがとりやすく、ワイドレンズにも使えます。小型ながら、調節しやすいダイヤルが備えられているのも魅力です。

INONの上位モデルとしては、「Z-330」があり、プロでも使っているモデルです。ガイドナンバーは33の大光量です。

【あす楽対応】INON(イノン)Z-330 次世代大光量ストロボ [送料無料!]価格:67,840円

D-200」は、S-2000の上位モデルです。ガイドナンバーは20で、13段階のマニュアル機能やフォーカスライトもついてます。S2000と比べると、基本的に照射角が広く多機能になっています。水中で若干プラス浮力になりますのでシステムが重くなるのが嫌な方にはぴったりです。

【あす楽対応】INON(イノン)D-200 ストロボ価格:55,208円
【SEA&SEA】YS-01
SEA&SEA (シーアンドシー) YS-01 SOLIS 水中ストロボ [03124]
価格:48,510円

YS-01はS-2000に比較するとひとまわり大きいサイズですが、ターゲットライトという小型のスポットライトが備わっているのが特徴です。

https://oceana.ne.jp/camera/55390

ターゲットライトがあることで、水中でもストロボの向きを合わせやすく、補助光にもなるので暗い中でもピント合わせが容易になります。また、シャッターを押してストロボ発光の時には自動的に消灯します。

マクロ撮影では、レンズの近くに被写体があるため、ストロボも近くから発光することになりますが、白トビが起きないよう光の強さを“無段階に減光”できるダイヤルも使いやすい理由のひとつです。

https://oceana.ne.jp/camera/55390

SEA&SEA の上位モデルとして「YS-D2」があり、こちらはガイドナンバーは32とパワフルな発光で、特にワイド撮影でフル発行させて撮影するとかなり明るくなります。また、YS-D2に限ってはカメラとの接続が光ファイバーではなく、電気コードで接続できるので、カメラのフラッシュ待ち時間が無くてすむので、シャキシャキした動作で快適に使用できるのでとてもオススメです。

【あす楽対応】SEA&SEA(シーアンドシー) YS-D2 高性能水中ストロボ
価格:67,844円

下位モデルの「YS-03」に関しては、ストロボを付けて撮影してみたい、という程度のエントリーモデルになっています。内蔵フラッシュに追随する形で発光し、調光はできません。

SEA&SEA(シーアンドシー)YS-03 SOLIS 小型水中ストロボ
価格:37,620円

ストロボを購入するときにはアームも合わせて購入が必要です。

おすすめアクセサリー③アーム

ウミウシなどの小さな生物を撮るときとワイドを撮るときなどでは、被写体の場所に合わせてストロボの向きを変える必要があります。

アームの取り付け方を解説していきます。

OLYMPASのTGシリーズの場合、アームは、ハウジングの左上部についているアクセサリーシューに接続します。

https://oceana.ne.jp/camera/55758

取り付け方法としては、ネジで固定する「YS型」と「ボール型」があり、「ボール型」の方が、ストロボの角度を調整しやすいのでおすすめです。

ハウジング本体とは、シューベースで取り付けられます。


シューベース BALL
新品価格¥3,600から

シューベースにスティックアームをクランプで取り付けていきます。アームの中には、浮力のあるフロートシステムのあるものもあり、水中でカメラの重さを軽減してくれます。

 INON スティックアーム S-T
新品価格¥3,000から
INON クランプIII
新品価格¥3,080から

ストロボとは「M6ジョイント」を介して取り付けます。

INON INON/イノン M6ジョイント[704361130000]
新品価格¥1,652から

YS型の接続にする場合には、INONのシューベースⅡを取り付ける場合は、上に下のYS回転延長バーがぴったりです。

INON(イノン) YS回転延長バー
新品価格¥3,300から

ストロボとカメラ本体の取り付けは、ワイヤーをハウジングの左上にあるシューの真下の穴に差し込むとできます。ストロボとカメラ本体をワイヤレスでつなぐ方法もあります。

https://oceana.ne.jp/camera/55758

アームは、可動域が広い方が、使い勝手が良いので、シンプルなスティックタイプではなく、様々な方向に曲げられるようにカスタムしておきましょう。

https://oceana.ne.jp/camera/55758

ワイドの時には、ストロボを2灯つけて、より広い範囲でより明るく撮影することもあり、アームも二つ必要です。その場合には、カメラがかなり持ちにくくなるので、ガイドアームをつけることが多いです。

   ノーティカム NA マルチトレーシステム ダブルグリップシステム
新品価格¥29,240から

ノーティカムのマルチトレーシステムなら、幅を動かせるので用途に合わせて調整できます。またイノンのダイレクトベースをつかえる点もいいです。

1灯であれば、片方だけにグリップがあるタイプのものもおすすめのカスタマイズです。

https://www.amazon.co.jp/イノン-INON-S-2000はじめるパックD4/dp/B00AG8TUC0
 INON(イノン)グリップベース D5
価格:7,920円

INONのグリップベースのグリップエンドには、豊富なオプションパーツが取り付けられるので、とても便利です。INONのアームシステムを使うなら、INONで揃えましょう。

ワイド撮影時のコツは、できるだけストロボをカメラ本体から離し、そしてストロボを後ろに下げることです。ストロボがレンズに近いと、白飛びしてしまったり、マリンスノーなどの浮遊物が写ってしまうことが多いからです。

おすすめの組み合わせ

  • ストロボ
  • グリップ5
[ INON ] イノン グリップベースD5
価格:7,920円
  • スティックアームセット-MV

色々部品があって、何を買えばわからない人は、スティックアームを基準に、セットになっているものを購入すれば、簡単です!(ZアダプターMV、スティックアームS-Tボディ、ダイレクトベースIII、クランプIII x2個)

   INON(イノン) スティックアームS-TセットZ-MV
価格:13,219円
  • L型光ケーブル、2穴ゴムブッシュセット

INON イノン L型光Dケーブル・2穴ゴムブッシュセット(自由長:約43cm)
価格:6,985円

おすすめアクセサリー④ワイド・魚眼レンズ

水中撮影でダイナミックな写真を撮影したいのなら、ワイドレンズ・魚眼(フィッシュアイ)レンズがおすすめです。

サメやマンタ、ウミガメ、クジラ、イルカなどの大物を撮影する時や魚の大群を撮影するときには、ワイドレンズは最高の迫力を伝えてくれます!

  • 【WEEFINE】UWL-24M52MG

水中での画角は約150°の相当広角のレンズで、装着時にステップアップリング無しで、TGシリーズのハウジングにそのまま装着できます。

      Fisheye(フィッシュアイ)WEEFINE ワイドコンバージョンレンズ UWL-24M52MG
新品価格¥62,985から
レンズ構成5群5枚
倍率約0.47倍
焦点距離[画角]変換24mm [84.1°] ⇒ 5.7mm [150°]28mm [75.4°] ⇒ 10.8mm [127°]35mm [63.4°] ⇒ 17.2mm [103.6°]
材質光学ガラス、ポリカーボネート樹脂、耐腐食アルミ合金
サイズφ150 x 88mm(フード含む)
陸上重量690g
水中重量255g
耐圧水深60m
レンズマウントM52
付属品レンズフード、ネオプレンドームポートカバー、リアキャップ、キャリングバッグ、六角レンチ

ワイド撮影の時のコツは、「①被写体に寄る」こと!画角が広いので、今までより近くに寄っても、被写体は写ってくれます。そして、寄れば寄るほど、迫力ある写真になりますよ!!

そして、「②煽り(下から)で撮影」してみたりしても迫力ある面白い絵が撮れます。

PR